熊本のお持ち帰り焼き鳥専門店鳥平

創業昭和56年熊本のお持ち帰り焼き鳥専門店。人工甘味料を使わず、天然麦芽水飴とハチミツの自然な甘さをお客様に愛され今年で36年。

2017年01月

今日のお昼は、家内が作ってくれたカレーピラフ

少し味が薄い(~_~;)

家内には申し訳ないが少し味を足すことに

以前から鳥平のタレは、「カレーに合うのでは?」と考えていたのでこれはいい機会。

しかし、家内は料理に何かを足すのを嫌うので、遠慮がちにタレをかける。

こっそりも何も、目の前に家内がいるので丸見え。

ドキドキしながら家内の厳しい目を振り切って一口。

・・・・・・・・・・・・・・いい感じです(表現がこれしか出来ず(^_^;))

天然麦芽水飴が効いて味にコクが出ます。

他の料理でも、なにか少し味が物足りないときに使えるかも。

ぜひ、たれをお持ちの方は、一度お試しください。

自分の中では、かなり満足だったので、家内にも「美味しいばい」と伝えたら、

無表情で「いらない」だって(涙)。

写真は片手で撮影したのでピンぼけですみません。
 
IMG_4739
 

お客様が悩んでいらっしゃる時にオススメするのが不動の一番人気10本Aセット

試行錯誤の上に出来たセット。

P1180628


多くのお客様にご利用いただいています。

鳥平では、味付けを選べます

たれ焼き、塩焼き 

お任せの場合、豚バラを塩焼き、他全部をタレ焼きで勧めます。

ほとんどの方は、たまに「全部塩焼き」、「全部タレ焼き」、「全種類をたれと塩と半分ずつ」という注文をされる方がいます。

豚バラに関しては、「豚バラは塩焼き」がオススメで、たれ焼きを頼まれる方は、ほとんどいらっしゃいません。

その旨を伝えても「たれ焼きが好きだからたれでいい 」とブレないお応え。

そんなことがあると私嬉しくなります。

「私も同じ」と。

私も豚バラのタレ焼きは好きなんです。

結構いけます。

周りから言わせると「豚バラのタレ焼きなんて、信じられん。」となりますが。

熊本では豚バラのタレ焼きを頼む人は100人中0,5人というというところでしょうか。
(数字に根拠はありませんが(汗))

でも好きなんです。

いろんな食べ方を試すのが好きで、本来はこれは塩焼きが常識だろうと言われるような焼き鳥でも、タレ焼きで食べてみます。逆もします。

意外と美味しいんですよ。

これはダメだということは、そんなにありません。

地域によっては、豚バラのタレ焼きが当たり前の地域があります。

北海道の室蘭の焼き鳥は、豚バラの間に玉ねぎを刺してタレで食べるそうです。

熊本では、ほとんど見かけないし、「豚バラは塩焼きだろう」といわれそうですが。

豚バラと玉ねぎをタレ焼きにするなんて考えただけでヨダレが出そうな組み合わせ。

作って食べてみました。

やっぱり、とても美味しかったです。

ごはんのおかずにもいけます。

たまには、自分が定番と思っている味付けを変えてみるのもオススメです。

意外性があって楽しくなると思いますよ。

もしも、興味があったらお試しください。 


熊本のお持ち帰り焼き鳥専門店 鳥平


 

今日からはライブドアブログで書いていきます。


今年の冬はあまり寒くないのでなんですが、
寒くなると多くの方に「みそ煮込みホルモン」をご利用いただきます。

先日、店に立った時も数人のお客様から味噌煮込みホルモンを求めてご来店いただきました。

しかし、残念ながら熊本地震で被災してしまい、まだ作れません。

もう数ヶ月経つのに、いまだにみそ煮込みホルモンをお求めにご来店いただけるのには感激しています。

最初は、「2、3ヶ月はお客様から声がかかるだろうが、忘れ去られるんだろうな」とスタッフとも話していました。

が、最近では、とみにお客様が増え、自分たちが思っていた以上にお客様から支持頂いていたことに驚いています。

そんな煮込みホルモンがあと少しで、製造が出来るようになります。

あと少しだけお待ちください。

正式な期日がわかり次第、お知らせ致します。

2月には販売開始します。

お待ちいただいて、心より感謝申し上げます。


熊本のお持ち帰り焼き鳥専門店 鳥平


みそ煮込みホルモン



過去の記事はこちら
アメブロ記事
 

↑このページのトップヘ